磯部先生と行く洞窟探検デイキャンプ

50年以上フィールドワークをされてる化石と鉱物博士の磯部敏雄先生とともに2日間洞窟を探検しました。
1日目は河内風穴とその周辺の河川敷で活動をしました。河内風穴は観光地化されていますが、まさしく天然クーラーというのがふさわしく洞窟の中はとても涼しく、洞窟の迫力はとても凄まじかったです。
洞窟探検後、洞窟の下を流れる川とその周辺で水遊びや岩石探索をしました。川の水はとても冷たく、河原にいるだけでとても涼しく過ごすことができました。
さらに、その河原の岩石にはフズリナなどの化石が含まれる岩石があり、先生に化石についても教えてもらいながら岩石集めや水遊びを満喫しました。
2日目の午前中は河内風穴の川の河原で活動をし、午後より場所を移動して活動を行いました。
まず、自然の水晶を採るために山に行き、その後自然洞窟の佐目風穴にて洞窟探検を行いました。その洞窟は、山奥にあり険しい道を乗り越えた先にありました。中は真っ暗で、ライトで照らさないとまったく見えません。洞窟内はヒンヤリしており、天井から水がポタポタと落ちており、足元は滑りやすくなっていました。この洞窟は、まだまだ全貌が明らかになっておらず、今回はその途中までしか探検していませんが、自然洞窟の雄大さと魅力を知ることができました。
最後は、多賀町立博物館にて資料や展示品を見ながら探検した2日間を振り返りました。
普段行くことがない洞窟を2か所も探検することができ、そこで発見や感動があり大満足の2日間を過ごすことが出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です