新型コロナウイルス感染症とYMCAサマープログラムの実施について

現在、新型コロナウイルスの感染が広がっており、滋賀県の一部に「まんえん防止等重点措置」が適用されます。YMCAでは厳重な警戒を行い、感染の予防対策を取りながらキャンプなどの夏のプログラムを予定通り実施いたします。

YMCAでは 夏前に落ち着いている新型コロナウイルスの感染状況がまた厳しくなることを想定して、宿泊のキャンプの多くを取りやめ、日帰りのディキャンプを中心として今年は行うこととしていました。(ただし広いキャビンを利用する一部のキャンプは宿泊として実施します。)この状況を予想して以下の対策を取っています。

・バスは大型バスに定員の半分で乗車すること
・参加者には1週間前からの検温などの健康記録をしていただき提出していただくこと、(指導者ももちろん健康記録の提出を義務付けています)
・集合時にはマスクを着用すること
・食事時間は向い合わないように席を取ること
・こまめな手洗いうがいをさせること

以上のことを徹底してゆとりの時間を持ちながら、警戒を緩めることなくキャンプを実施してゆきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です