すずかぜキャンプ(1日目)

小学生(1〜3年生)対象のベーシックキャンプ

日  程:2021年8月7日、8日、9日
実施場所:滋賀YMCAアドベンチャー風の谷キャンプ場
対  象:小学1年生~3年生
参加者数:13名

1日目(いちにちめ)

キャンプは旗上げ(はたあげ)から始まり(はじまり)ます。「キャンプだホイ」を歌い(うた)みんなが見守る(みまもる)なか、旗(はた)はポールのてっぺんに上がっていきました。

オリエンテーションでみんなのリーダー紹介、キャンプディレクターたけのこリーダーの紹介(しょうかい)とキャンプ場のおやくそくについて説明(せつめい)を行い(おこない)ました。

そのあと森の妖精(もりのようせい)はむはむとたろたろがやってきました。風の谷(かぜのたに)の元気(げんき)メーターが少なく(すくなく)なっているので、すずかぜキャンプのおともだちが思いっきり遊ぶ(あそぶ)ことでメーターが高く(たかく)なっていくそうです。

はむはむとたろたろのおねがいで、秘密基地(ひみつきち)のさくせいと「やってみよう」という歌に(うたに)あわせるダンスを考える(かんがえる)ことになりました。

さっそく、風の谷(かぜのたに)マップを作成(さくせい)しながら秘密基地(ひみつきち)の場所(ばしょ)をもとめて、キャンプ場のたんけんがはじまりました。

秘密基地(ひみつきち)の場所探し(ばしょさがし)でみんなおなかペコペコです。ベアーテラスにみんなあつまって、お楽しみのお弁当(おべんとう)タイムです。いただきま〜す!

お昼からは、秘密基地(ひみつきち)づくりを行いました。どのグループもおもしろい基地(きち)を作ってくれました。ふじグループは、YMCAの備品(びひん)テントをつかって基地にしました。なびグループはビニールシートを使って大きな屋根(やね)の秘密基地を作りました。おとグループはぷっくり砂漠(さばく)で秘密基地を作りました。

それぞれの秘密基地(ひみつきち)で「やってみよう」のダンスを考え(かんがえ)ました。いろいろなアイデアがたくさん出てグループでまとめるのに時間(じかん)がかかりました。

昼過ぎ(ひるすぎ)からとても暑く(あつく)なってきたので、みんなで「藤瀬(ふじせ)のせせらぎ」へ水浴び(みずあび)にでかけました。みんなで水をかけあったり沢ガニを見つけたりしました。

明日(あした)はカヌーにのったり、犬上川(いぬかみがわ)で川遊び(かわあそび)をします。あしたも晴(は)れるといいなぁ。

2日目につづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。