ロシアにおけるウクライナへの軍事侵攻への抗議と命への祈り

今週に入っての突然のロシアのウクライナへの軍事侵攻、「対岸の火事ではない」と言いながら、対岸の火事としか考えていない日本です。ガソリンが値上がりする。インフレが起こる、まさに火の粉が飛んでくるぐらいにしか考えていないのですが、ウクライナにもロシアにもYMCAがあり、多くの仲間がおります。会員のみなさま、ユースの皆様の命の恐怖や不安をぜひ仲間として感じ「YMCA メンバーとしてウクライナ情勢は決して他人ごとではない」ととらえようではありませんか。ぜひ、悲惨な戦争が一刻も早く収まり、命が失われることがありません様、共に祈りましょう。

滋賀YMCA 総主事 久保田 展史

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。