アクティブ・ネイチャー・フレンズチームの3月プログラム報告

 アクティブ・ネイチャー・フレンズの3月プログラムは、奈良県宇陀郡の国立曽爾青少年自然の家で1泊2日のプログラムを行いました。
 今月はチームの年間目標でもある「お互いのことを知り、仲間意識を持つことで思いやりのある行動ができるようになろう!」を目標に掲げ、プログラムを行いました。
 1日目は草津、近江八幡のそれぞれに集合し、途中、アクティブ・ネイチャー・フレンズで同じバスに乗り換えて曽爾を目指しました。バスの中ではグループで今までのプログラムの振り返りや、みんなで一緒にゲームをして楽しく過ごしました。
 途中のサービスエリアでグループのみんなで昼食を頂きました。その後、再びバスに乗り、いよいよ曽爾青少年自然の家に到着です。到着後は宿泊棟に荷物を入れ、宝探しのプログラムを行いました。らっくんから「施設の中のいろいろな場所にパズルのピースが入った箱を隠した。」という挑戦状が届きます。その箱を探すためにグループで様々なことに挑戦します。様々なお題に対してグループで相談して力を合わせて取り組んでいました。宝探しのプログラム後は皆勤賞、精勤賞の表彰式をアウトドアクラブの全チームで行いました。その後は夕食をいただき、2日目のジャンボリーの練習を行いました。ジャンボリーとはアクティブ・ネイチャー・フレンズの一年間の活動をアウトドアクラブの他のチーム全員の前で発表をすることです。子どもたち全員が一言ずつ発表する内容があり、また、その内容もグループで相談して決めます。発表内容も子どもたち同士で相談して決めることができ、練習も一生懸命していました。その後は就寝準備をして次の日に備え早く寝ました。
 さて、いよいよ2日目の朝です。グループのみんなで力を合わせて部屋の布団の片付けや荷物の整理を行いました。朝食をいただいた後はいよいよジャンボリーの本番です。アウトドアクラブの一同が集う中、緊張している様子ではありましたが、大きな声でしっかりと発表ができました。アウトドアクラブの全員の前でとてもかっこいい姿を見せることができました。発表後はアクティブ・ネイチャー・フレンズのみんなで一年間の振り返りをしました。この振り返りの時間では年間のプログラムを振り返る動画をみんなで見ました。昼食をいただいた後は施設の人に感謝の挨拶をしてバスに乗りました。帰りのバスではらっくん賞の発表を行いました。今月はジャンボリーをグループでしっかり練習し、力を合わせて発表を成功させることができた全グループがらっくん賞を受賞することができました。
 アクティブ・ネイチャー・フレンズとしては初めての宿泊のプログラムではありましたが、今年一年間の子どもたちの成長がたくさん見ることのできた2日間でした。
 一年間アクティブ・ネイチャー・フレンズチームのプログラムにご参加いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。