「二酸化炭素測定器」を導入

室内の二酸化炭素量を計測する「二酸化炭素測定器」を導入しました
新型コロナウイルスの新規感染者数が急拡大しています。滋賀YMCAでは放課後児童クラブや語学、生涯学習の教室において換気を行いながらクラスを実施しています。しかし冬季であることからそのタイミングを計るものとして、二酸化炭素測定器を導入しました。この機器自体はウイルスを検知するものではありませんが、部屋の二酸化炭素の濃度を測定することで換気のタイミング見計らう一つの指標になります。
それぞれの教室に備え、適度に換気を行いながら事業を展開します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。